Chiara(キアラ) 光り輝く明るい明日へ

小平にあるフクロウいるカラーセラピーのサロンChiara(キアラ) 。カラーセラピーやハンドメイドアクセサリーについてご紹介します

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓よかったらポチッと押してって!


「私はこうして“世界一”の美女をつくる」を見て

NHKで放送された番組です。
ミス・ユニバース世界大会に出場する美女たちを磨き上げるディレクター。
そのディレクターの日々を特集したものです。

なにげなく見ていた番組ですが、これがすごく勉強になる番組でした。
何度も日記に書いている「自己自信」、これがミス・ユニバースには必要なことなんですね。
100%の自信を持った女性が世界一の美女になれる。
日本代表はベスト10に入れませんでした。
彼女がなぜ自分はトップになれなかったのかということを、こう語っていました。
「トップになった人は自信に満ちあふれていました。彼女はトップに間違いなくなれると思っていたのでしょう。私はそうじゃなかった。ベスト5に入って自分をアピールするするつもりだったけど、できなかった。やはり自信がなかったのだと思います」というようなことを言ってました。
そんな彼女も日本代表の選考のときには自分が世界のトップになった後のことをビジョンとして持っていました。
彼女が日本代表として選考された理由はレポートにあって、彼女だけが優勝した後のことを書いていたからだそうです。
彼女の中にはもう既に自分は優勝するというビジョンがしっかりある。
そういう自信がある人こそトップになれるというのです。
なのに彼女は優勝できなかった。
レッスンを続けていく彼女に、不安や怖れが生まれてしまったんでしょうね。
ステージの上では自信たっぷりにウォーキングしているのに、どこかに少しでも不安や怖れを持っていると、そのほんの少しの差でトップにはなれないってことなのでしょう。
レベルの高い大会だけに、100%を求められる。すごいです。

ディレクターさんによって美という考え方がまったく違います。
日本代表のディレクターさんは、個性を大切にしていました。
美しさとは、その人の個性を磨き、内面から出していくものだと。
日本人は足の長さや見た目の美しさにこだわります。
そして海外の人たちを羨み、何でも真似をしたがります。
すぐ人と比較したがるのもよくないことですし、雑誌やテレビに影響されすぎだと。
エビちゃんに憧れて、エビちゃんと同じ服や装飾品を買って、髪型やメイクを真似てみても、それは偽物でしかありません。
どこにも自分という個性がありません。
同じメイクをしたからといって、目鼻立ちのつくりが違ったら美しくはなりませんよね。
自分の顔かたちを知って、自分に合った、自分が美しくなるメイクをしないと意味がありません。

なぜ人の真似ばかりしたがるのでしょう。
ある意味、自分に自信がないからでしょうね。
どうせ自分なんかおしゃれしても、褒めてももらえないから、おしゃれなんかしても無駄だし、こんな私に男性は誰も声すらかけてくれないわ。
はい、そうですね。声なんかかけてくれませんね。
努力しない人には自信なんかうまれません。
ミス・ユニバースを目指す人達は、何も努力しないで選ばれていると思いますか。
彼女たちは人一倍度努力しています。
食事も歩き方も、メイク、メンタル面、エレガントさ、優雅さetc.
全てが最初から持っているものではないです。
日本代表の女性はエレガントさが出せずに苦悩していました。
エレガントさとは何なのだろうかと。
彼女のウォーキングを見ていて、私は余裕ないな?って思えました。
頭でいろいろ考えながら歩くから、自然な余裕がまるでない。

あるレストランで食事をしようとしたとき、地元の人達に一緒に食事をしようと誘われました。
彼女はその人達を釘付けにしようと、一生懸命エレガントな自分を演じていました。そんな彼女に誰も声をかけてはくれませんでした。
そんな彼女を見たディレクターはこう注意したのです。
「あなたは壁をつくってしまっているから、誰も声をかけてくれないのよ誰かに質問されたらどうしようって怖れを持って壁を作ってしまっている。お願いだから誰も私に質問しないで、と。もっと相手の顔を見て余裕を見せなさい。エレガントさというのは余裕がなければだめ。自分に自信があればその余裕はうまれてくるのよ」と。
人を真似るのではなく、自分はこうすれば美しく見える、ここで少し微笑めば人を惹き付けることができる、という自分なりの良さをみつけないとだめなんです。
それがわかれば、自分に自信を持ってアピールできるでしょ。

ベネズエラの代表の女性がインタビューの練習でこう言ってました。
「あなたは結婚とミス・ユニバースのどちらを選びますか?」という質問に対して「なぜ私はあなたにそんな質問をされなてはいけないのですか。これは私の人生です。あなたが決めることではありません。」と。
拍手ものの答えですね?。

日本人のもうひとつ悪い点は、すぐに人に具体的な指示をされるのを待ってしまうことでしょうね。
人や何かに依存してしまうことです。
どうしたいのか、何をしたいのか、それは自分で決めることです。
わからないことを人に聞くことはあっても、最後に決めるのは自分です。
デザイナーの仕事をしてたときも、具体的にこの画像を明るくして、ここは何色にして。。。みたいな指示をしないと作れない人ほどレベルアップしませんね。
デザインの仕事も個性で勝負する世界なので、どうしたら読みやすいレイアウトになるのか、美しくなるのかは自分で考えましょう。

リーディングしていて思うことは、みなさん具体的な方法を聞きたいみたいですね。
「会社を辞めるべきでしょうか。それとも残るべきですか。私にふさわしい仕事はなんなのでしょうか」
何故今そういうことが起こっていて、それを克服するにはあなたにはこういう課題が与えられていますというような、気づきを与えるヒントを出すのがリーディングだと思います。
答えはクライアントさんの心の中にある。
私の心の中ではありません。
具体的にどう行動していくべきかは、クライアントさんが決めることです。

どこかのおばさんみたいに、あなたの芸名がよくないから運気が悪いんで、改名しなさいと変な名前を付けられる。
変えないと仕事がなくなるよ?って半ば脅しのようなことを言われて従ってしまう。
従って運気落としている人、いましたよね?。誰とは言わないけど。
こんな変な名前つけられたくないって思ったら拒否しなさいよ。
拒否したからって地獄に堕ちるわけないし。
自分に自信がないから、そういう脅しめいたことに反論できないのではないでしょうか。

美しく輝いて生きている人は、それなりに努力してきている人達です。
努力なしでは輝きは得られない。
表面的なことばかり見て羨ましがって、自信を失っていないで、
自分なりの努力をするべきでしょう。
男性に声をかけられるのを待っていないで、声をかけられるような女性になりなさい。
自分が男性に容姿や内面の良さを求めるのなら、自分もそういう人になりなさい。

(・o・)ノ ハーイ!!
私も自分の人生を輝かせたいので、努力しまーす!!
関連記事
スポンサーサイト

↓よかったらポチッと押してって!


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

紗知子(Sachiko)

Author:紗知子(Sachiko)
うさぎとフクロウ愛するカウンセラーです。
アフリカオオコノハズクのピノと暮らしています。
DTP&WEBデザイナー
CAMESカウンセラー
オーラソーマ プラクティショナー
ライトプラクティショナー
ピュアカラー:イエロー
アクティブカラー:パープル

●ツイッターやってます
フォローしてね!


By TwitterIcon.com

SHOP

Chiaraのパワーストーン天然石アクセサリーSHOPです。 天使や女神のオラクルカードをイメージしたアクセサリーをデザイン作成し、販売しています。

Facebook

ブログ内検索

1クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

インターネット募金

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。