Chiara(キアラ) 光り輝く明るい明日へ

小平にあるフクロウいるカラーセラピーのサロンChiara(キアラ) 。カラーセラピーやハンドメイドアクセサリーについてご紹介します

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓よかったらポチッと押してって!


出雲の旅に行ってまいりました

お休みを頂きまして、出雲へ旅に行ってきました。
出雲へ行くのは初めてです。
「引越が終わったら、伊勢か出雲へ行ってご祈祷してくるといいですよ」というアドバイスをいただいていたこともあり、これから仕事を通してたくさんの方々とのご縁をいただきたく、参拝してまいりました。
出雲大社、八重垣神社などは縁結びの神様ということで、たくさんの女性が男性とのご縁を求めて参拝されるのですが、私はどちらかというと商売繁盛のご縁を願い、無事に引越ができたことへのお礼も伝えてきました。

IMG_2816_s.jpg今回の旅はレンタカーを借りて車で旅をしました。
出雲は山奥にも神社があるのですが、とにかく移動の時間が長い!
車じゃなかったら周りきれません。
あたらしい出雲旅行」というガイドブックを参考に、プランを立てました。
この本、普通のガイドブックとは違い、出雲出身の著者がマニアックなまでに出雲のパワースポットを紹介しています。
この本にはまずは荒神谷遺跡を見てから、島根県立古代出雲歴史博物館で実際に発掘されたものを見ることをお勧めしています。
出雲大社に最初に行ってご祈祷をと考えていたのですが、博物館は火曜日がお休み。
ということで、いちばん最初に荒神谷遺跡と歴史博物館に行くことに。
遺跡では銅剣358本、銅鐸6個と銅矛16本が発掘されました。この銅剣が博物館ではドドーンと壁一面に展示されていて、かなりの迫力があります。
荒神谷遺跡は古代蓮が見られますが、蓮の花の見頃は7月に入ってからではないでしょうか。
IMG_2819_s.jpgここに来たら必ず行ってみていただきたいのが「三宝荒神」。
草がボーボーで道がわかりにくいのですが、田んぼの奥の方に国道へ上がる細い道があり、草をかきわけて登り着いたら、道を渡り広場のようになっている。その左手に小さな鳥居が立っています。
風で木々と竹がこすり合うような音が響いているのですが、それだけではないような不思議な空気が流れています。
鳥居をくぐり、細い階段をのぼっていくと、その先に大きな石が3つ。しめ縄?で結界が張られています。
空を見上げると、なんともいえない不思議な空間とパワーが感じられますよ。

IMG_2823_s.jpg島根県立古代出雲歴史博物館は出雲大社のすぐ横にあるので、さっくりと参拝させていただき、その後に博物館へ。
じっくりと展示を見たかったのですが、温泉宿に18時にはチェックインしなくてはいけないので、早めに展示を見ていき、最後のほうにやっと荒神谷遺跡の発掘された銅剣が!かなりの圧巻です。
たくさんの銅鐸も展示されているのですが、銅鐸というと小学校で学んだ歴史を思い出します。
銅鐸はいったい何に用いられたのかということを、みんなで調べて発表したんですよね。
古代の歴史に興味を持ち始めたのは、この授業がきっかけでした。

IMG_2825_s.jpg2日目は最初に出雲大社で参拝し、商売繁盛のご祈祷をお願いしました。
団体の方の予約があったようなのですが、遅れたのか?男性と2人で受けることに。
見た目と服装は男性なのですが、どうもおネエ系の方のようです。
神楽殿でご祈祷を受けて、そのまま本殿の中に入れていただき参拝しました。
「ご一緒にいたしましょう」という言い方と、しなり方が絶対にそっち系だな。

昼食に出雲蕎麦をいただき、車で稲佐の浜へ。
ナビが「窃盗多発地域です」と注意を呼びかけてくるものだから、車から降りた場所で写真のみ撮影。
須佐神社に向かって車を走ら、山あり谷あり長いトンネルあり。
一人だと周りの景色を楽しんでる余裕もなにもないですね。
須佐神社はパワースポットとして最近人気があるらしい。
出雲の神社は東京や京都の神社とはまた違った、その土地に根付いた歴史と人との繋がりを感じる。
まだ16時前だったので、そのまま宿に帰ってもすることもないので、八重垣神社に行ってみることに。
こちらも移動距離がながーーーい!
途中で休憩するようなところもないので、ひたすら運転しまくるのみ。
IMG_2862_s.jpg首と頭が痛くなってきてしまい、八重垣神社は本殿のみを参拝。
鏡の池で占いはしておかないと!ということで紙に100円玉をのせて時間を測る。
池には紙に穴が空いたまま、ぷかぷか浮いているものがある。そういうのショックだっただろうな…
もう一人の女性は10円玉を乗せている。
私のは少しずつ沈んでいき、2分が経過したところでスーッと水の中に落ちていった。
「ほら、お隣のお姉さんのはもう沈んだよ」と、ご一緒の家族の人たちが。
「私のは10円玉だから沈まないのよ」と女性は言っていたのですが、金額じゃないと思うわ。
その方の紙は5分後に沈んでいきました。5分だったら遅くはないんじゃないかな?
頭痛と闘いながら2日めの観光終了。

3日目は須我神社へ。
須佐神社よりも、私は須我神社の方がパワー溢れる場所のように思える。
こちらも山また山の中にあり、大雨の中を参拝しました。
社務所の方がとても対応が心地よく「よくおいでなさいました」と御朱印を書いてくださいました。
須佐神社の宮司さんは「( ー̀дー́ )チッ」みたいな感じだったんですよねー。
最近、御朱印ブームみたいになってきているからだろうか?
神社の横の細い道を登ったところに奥の宮があるようなのですが、ここは車が入れるのだろうか?と思いながら入っていってみる。
かなり深い山の中なのだが、田んぼや農家さんがあって、綺麗な紫陽花がたくさん咲いていました。
奥の宮の下に車を停めておけるようなスペースがあったので、そこに停めて山道を登っていく。
雨が降っているからなのか、階段にサワガニがたくさんいましたよ。
とにかくここの階段はきつい!
階段の段差が高くなっていって、最後は休み休みでないと上がっていけないほど。
途中で休めるようなところがあるのですが、大雨だったので休むどころではない。
鳥居があったのでもうすぐかと思いきや、ここからが更に急でやっとの思いで上まで上がりきった。
そこには大きな石が3つ立っている。
雨だったのでじっくりとその場のパワーを感じ取る余裕がなかったのですが、間違いなくここはすごいエネルギーを持つところ。
また晴れた日に訪れてみたい場所です。

IMG_2896_s.jpgこちらでもゆっくり休める場所はないので、そのまま次の目的地「松江フォーゲルパーク」へ。
ここはたくさんの鳥達とお花を楽しめるテーマパークです。
施設の中のたくさんの植物の中にも鳥達がいるらしいのですが、雨なので鳥の姿は見えず。
展示ルームの中の鳥たちはたっぷりと楽しむことができます。
猛禽類の鳥さんが参加者の間近を飛び越えていったり、有料で鳥さんを腕に乗せて触れ合えたりもします。
ペンギンさんのお散歩もかわいかったですよ。
IMG_2879_s.jpg施設に入場する前にフクロウの展示スペースがあるのですが、ここはかなり楽しめます。
神社巡りも楽しいのですが、鳥好きさんはこういう施設で遊ぶのもおすすめです。

これで出雲の旅は終わったのですが、出雲大社と八重垣神社で御守を買ってきました。
いつも通りにプレゼントにしようと思っていたのですが、それでは縁結びのご利益も薄まる。
受取るべき人に受取っていただきたいので、またキャンペーンを始めようと思います。
御守は自分で買うよりも、他の方に頂く方が祈りの効果があるそうですよ。
これからキャンペーンの準備を始めますので、もう少しお待ちくださいね。
出雲大社は昨年60年ぶりの大遷宮を迎えたばかり。
その遷宮を記念して、大屋根の檜皮をお包みした御守です。お楽しみに!!
関連記事
スポンサーサイト

↓よかったらポチッと押してって!


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

紗知子(Sachiko)

Author:紗知子(Sachiko)
うさぎとフクロウ愛するカウンセラーです。
アフリカオオコノハズクのピノと暮らしています。
DTP&WEBデザイナー
CAMESカウンセラー
オーラソーマ プラクティショナー
ライトプラクティショナー
ピュアカラー:イエロー
アクティブカラー:パープル

●ツイッターやってます
フォローしてね!


By TwitterIcon.com

SHOP

Chiaraのパワーストーン天然石アクセサリーSHOPです。 天使や女神のオラクルカードをイメージしたアクセサリーをデザイン作成し、販売しています。

Facebook

ブログ内検索

1クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

インターネット募金

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。